青果物流通研究会

活動の報告

2022年10月 青果物流通研究会 例会開催報告

10月18日(火)に、対面開催とライブ配信を併用したハイブリッド型で2022年10月例会を開催しました。

今回の例会では「世界と日本のベジタリアン市場」をテーマに、日本ベジタリアン協会代表の垣本充様を講師にお迎えし、お話を頂きました。また、会員間情報交換の時間には、最近の青果物仲卸業界の動向についても活発な情報交換が行われました。

(さらに…)

2022年8月 青果物流通研究会 例会開催報告

8月2日(火)に、対面開催とライブ配信を併用したハイブリッド型で2022年8月例会を開催しました。

今回の例会では「ヒットの理由!売れる商品の作り方」と題して、オイシックスにて初代野菜バイヤーを務められ、現在は「愛の野菜伝道師」として産地のブランド形成に取り組んでおられる小堀夏佳様を講師にお迎えし、お話を頂きました。

(さらに…)

2022年6月 青果物流通研究会 例会開催報告

6月21日(火)に、対面開催とライブ配信を併用したハイブリッド型で2022年6月例会を開催しました。

今回の例会では、最近の青果物の輸出動向をテーマに取り上げました。コロナ禍のなかで低調な状況が続いていた青果物輸出ですが、最近になって徐々に回復基調を見せつつあります。そうしたなか、本例会では日本青果物輸出促進協議会り荻野英明事務局長にお越しいただき、現下の青果物輸出の動向や各事業者による取り組み等について、ご講演を頂戴しました。

(さらに…)

2022年4月 青果物流通研究会 例会開催報告

4月19日(火)に、対面開催とライブ配信を併用したハイブリッド型で2022年4月例会を開催しました。

今回の例会では、日本における肥料原料の輸入動向をテーマに取り上げました。昨今のウクライナ情勢の影響を受け、日本の肥料原料の輸入状況は厳しさを増しており、国際価格も急激に高騰しています。そうしたなか、本例会ではJA全農耕種資材部肥料原料課より谷山英一郎課長にお越しいただき、現下の日本の肥料原料の輸入状況や今後の見通し等について、ご講演を頂戴しました。

(さらに…)

2022年2月 青果物流通研究会 例会開催報告

2022年最初の例会となった今回は、前回に引き続き、東京での対面開催とライブ配信を併用したハイブリッド型での開催となりました。

今回はまず、2021年度からの新規会員であるハウス食品グループ様より、ハウス食品グループの青果物に関する取り組みについてお話を頂きました。

(さらに…)

2021年12月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回はおよそ2年ぶりの対面開催での例会となりました。また、対面開催への参加ができない会員に向けてはオンラインでのライブ配信を行い、対面とライブ配信の併用での例会開催は当研究会でも初の試みとなりました。

今回の例会では、まずデイブレイク株式会社より春日大輝様にお越し頂き、以前より会員からのリクエストのあった「中食・ケータリングビジネスの現状」について、数多くの実例を踏まえながらご講演いただきました。

(さらに…)

2021年10月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回は外部からのゲストはお招きせず、久しぶりに会員間での情報交換の時間をたっぷりと設けながら、中嶋康博会長から「コロナ後の消費動向の展望」についてお話を伺いました。

(さらに…)

2021年6月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回は3人の講師をお招きし、幅広い分野についてお話を伺える貴重な機会となりました。

まずは株式会社創風土 名取仁様より、新しい薬味草「プチリー」についてその概要と今後の展開予定についてお話を頂きました。

(さらに…)

2021年4月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「農業DX」。農林水産省が農業DXの専門部局を発足させるなど、昨今のコロナ禍もあって取り組みが加速する農業や農産物流通の分野におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)について、農林水産省でデジタル政策を所管されている大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官 信夫隆生様をお招きし、お話を伺いました。

(さらに…)