青果物流通研究会

活動の報告

2021年2月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「コロナ禍のいま、外食産業が目指す方向とは」。昨年に引き続き、オンラインでの開催となりました。

講師は、外食産業の現状に最も詳しい業界誌「月刊食堂」編集長の通山茂之さま。通山さまは2018年12月例会に続き2度目のご登壇で、今回は外食産業専門誌の観点からコロナ禍の最中の外食産業の現状についてお話いただきました。

通山さまからは、まず「業種・業態とは何か?」というテーマでお話をいただき、後半には会員との質疑応答も含めて、ポストコロナの時代の外食産業の見通しについてもお話をいただきました。

 

開催日時:2月16日(火)16時~19時半

16:00~ 本年度会計報告・来年度以降の運営について

17:30~ 「月刊食堂」編集長・通山茂之さまご講演
    「コロナ禍のいま、外食産業が目指す方向とは」

 

※本講演は研究会会員のみの参加となります。
会員以外でご参加ご希望の方、入会希望の方は事務局までお問い合わせフォームよりご連絡をお願い申し上げます。

青果物流通研究会 事務局